« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

雪上27,28日目:乗鞍登山スキー2007(4/28,29)

今年も恒例の乗鞍岳登山スキーに参加。
前日、仕事を終えて車を走らせお宿に。
明日の天気は怪しいから飲んでるかなあと思ったら案の定(笑)
温泉にも入らずにそのまま宴会突入。3時ぐらいにお開きとなり、温泉入って就寝。
起きれば、いつもよりは遅いけどしっかり朝風呂に(^^)

Norikura20070428b

朝のうちは雨降ってましたが、しばらくすると止んでました。でも、天気予報は下り方向。
しかし、昨夜のアルコールを抜くために某二人はお山に。
雲の動きも早くいつ崩れてもおかしくない天気の中、登っていきました。

Norikura20070428a

雪もちらついてきました。出来れば森林限界まで行きたいなあと思っていましたが、雷が遠くで鳴り出したので、即、退散決定。急いでシールをはがし滑り出しました。
久しぶりの滑走で、変だなあと思いつつ滑っていたら、急斜面で転倒してしまいました(^^;;

お宿に戻って温泉(^^)
午後はまったりと過ごし、夕食前にまた温泉(笑)
夕食後は、やっぱりお酒。ってか、夕食時から濁り酒が。
明日は確実晴れの予報でしたので早めにお開きで就寝。
あ、温泉入り損ねた(--)

朝食は6時半でしたので、5時半頃に起床。温泉入って、ちょっと心配な膝にキネシオテープを貼ったり、コンタクト入れたり。朝食後、宿泊の支払いを済ませ荷物の最終チェック。
しかし、ヘルメットを忘れました(^^;;
車に荷物を積み込み、三本滝レストハウス前駐車場へ移動。7時半で既に一杯の状態(@@)
7時40分ごろに快晴の中、登坂開始。

Norikura20070429a

今回は、ゆっくりペースで休憩をあまり取らないことに。と言う事で、歩きながらキットカットを食べてました。

Norikura20070429b

Norikura20070429c

森林限界手前の急斜面下に9:55頃。急斜面を登ったところで皆さん休憩していたので、とりあえず私も一息。後続も追いついてきたので肩の小屋目指して出発。
ここからが結構長い。

Norikura20070429d

剣が峰を見上げつつ、今回はどこを滑ろうかなどと考えつつ進む。
肩の小屋が近づくにつれ風が強くなる。剣が峰へのルートも今回は難しそう。
光ってるところは凍ってそうだし、シュカブラを繋いでいかないとだめかなあ。
などとルート選定をしつつ肩の小屋へ。
12:00ちょい前に肩の小屋着。風が強く寒そうなのそのまま登ることに。
他の方々は昼食かな。

しかし、ルートが...アイスバーンとシュカブラが交互に。
シュカブラは良いがアイスバーンはちょっと。今回、スキーアイゼンも無いので。
別ルートをスキーアイゼン装着で登ってきた仲間と合流。
スキーアイゼンつけていても辛いとのこと。
後続も登り始めていたので、待つことに。
その間にウェアを着込んでました。後続と合流後、登頂断念。
強風の中、シールをはがし滑走準備。
がちがちのバーンを肩の小屋へ下り、小屋を回りこんで、魔利支天岳側に。
ちょっとトラバースしつつ滑走。こちら側はなかなか楽しめました(^^)

Norikura20070429e

この後も、コースを選んで滑走。林間に戻ると後は各自マイペースで。
1時過ぎには駐車場に戻り、お宿へ。
山頂までは行けませんでしたが、強風のせいか疲れが。
ただ単に年か(^^;;
目の前でおいしそうにビールを飲む方に釣られて私もビールを。
そしてそのまま延泊に(爆)
楽しい週末でした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪上25,26日目:乗鞍高原温泉スキー場(3/31,4/1)

乗鞍高原温泉スキー場のゲレンデを久々に滑ってきました(笑)
そして、奥原いたる氏のレッスンを受けてきました。
今回はこれからの山スキーに備えてM777で受講してみました。
どうも、ひとつのことに悩んでいると悪い癖がひょこひょこ顔を出すようです(^^;;

P1000259

2日目はこぶレッスンらしいと言う事で、メトロンにチェンジ。
初日、フリーでこぶを滑ったときにディアミールのロックが外れたので。
しかし、ディアミールでもちゃんとこぶを滑っている方々もいたからなあ(--)
予告どおり?こぶレッスンだったわけですが、ちょっとはまりそうでした。
最後の一本は結構満足度高かった(^^)
レッスンの締めは、ゲレンデツアー。
鳥居尾根、かもしか、夢の平、山本と最後の滑走を楽しみました。
元気な方々はレッスン後も滑られたようですが、私はジエンド。
それでも、両日とも標高差3000m以上は滑ったのでまずまずでしょうか。

この週末が最後の営業で、雪も少なくなってましたが、一通り滑れましたし、
石を踏む心配がなかったのがうれしかったです。
この時期としてはベストの状態だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »